オグニッキ 未選択 忍者ブログ
山形県小国町で見つけたおもしろいもの、 NPO法人ここ掘れ和ん話ん探検隊のイベント情報&活動報告なども。
Admin / Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

マタギの方からもらった熊の皮で、自分用の腰皮を作ってみました。

腰皮ってのは、私が前に描いた絵にも描いてあるんですが、マタギの方とかが腰につけてる毛皮のことです。
昔の人が使ってた昔の道具、かというと全くそんなことはなく。
これをつけてると雪の上にそのまま座っても尻が濡れないし暖かいので、小国だと現役マタギの方々はもちろん、山に行く人とかも結構持ってたりします。

kuma1.jpg
もらった毛皮はこんな感じでした。剥がしたままの皮を長いこと干しっぱなしにしていたみたいで結構ばりばりに硬くなってました。
毛皮は随分前にもらってて、せっかくだからなめし方とかちゃんとやってみようと思って色々調べてたんですが、実際やりたくてもなかなかそんな暇がとれず・・・
処理方法も色々あるようで、「熊は脂をそがなくていい」とか「使ってるうちに柔らかくなる」と言う人もいたので、も~~いいやと思って結局一番手間のかからない方法を選んでしまいました。
とりあえず洗剤、重曹、塩で熊皮を洗って、裏側の汚い部分とか厚くなってる部分だけナイフでそいで、あとは手でしごきまくる。原始的!

あと破れたカッパがあったからそれで裏地をつけようと思ったんですが、革製品を加工する技術もなけりゃ知識もないし道具もない。
kuma2.jpg
ので、マタギの方々が持ってる腰皮を観察させてもらった結果、麻紐を縫い糸に、きりとヘアピンを縫い針代わりにして挑戦することに。
なるべく家にあるもので何とかしたかったので・・・でも案外いけました。ヘアピンの新しい使い道を知った気分。

kuma4.jpgkuma3.jpg
そんな風にあれこれ格闘しながらようやく完成!
ベルトをどうやってつけようか迷ったんですが、縫い糸にした麻紐を平編みにしてベルトを通せるように縫い付けてみたら結構いい感じでした。
雑な部分はあれど売り物にするわけじゃなし、どうせ自分で使うもんだし。
元々もらった毛皮もそんなに大きくなかったので少し小さいサイズですけど十分使えそうです。
なんとか今年の冬支度に間に合いました。
とりあえず結構満足です。

あとは腰皮作った残りの毛皮も何かに使えないかと考え中。
全く贅沢な遊びをしているよなあ・・・と自分でも思う今日この頃です。
 
PR
9-10kakesus.jpg
秋っぽい絵を描いたので本格的な雪の季節が来る前にアップしてみます。
原画の方は先日の小国町の文化祭にこっそりと置かせてもらってました。

鳥はカケス。町内あちこちでジャーッジャーッというしゃがれ声がよく聞かれます。
声は汚いですがなんとなく愛嬌があって好きな鳥です。

アケビの実は小国ではおなじみの食べ物です。
私もアケビの甘い中身が食べられることは元々知ってましたが、皮の部分が食べられるというのは小国に来てから初めて知りました・・・
むしろこっちでは中身を捨てて皮の部分だけ採る人がいるくらい。
油で揚げたアケビ皮の肉詰めも美味しいですが、アケビ皮の粕煮もほろ苦くて酒によく合うので結構好きです。
ちなみに右上に描いたのはヤマブドウ。

しかし今年はアケビの実もヤマブドウの実もちっとも見つけませんでした。
夏に雨が少なかったせいなのか、栽培してるものでさえ実がほとんど落ちてしまったという人もいました。
ブナの実もミズナラの実も不作だし、クルミや柿の実も昨年より少なかったというから、そりゃあクマも餌を求めて里に下りてきますわなあ・・・
でもキノコの方は昨年より出てるみたいですね。おかげで今年は天然ナメコをだいぶ採らせてもらいました。へへへ。

飯豊連峰はいつも下から眺めてはいるものの去年は全く登る機会がなく、実は温身平までしか行ったことがなかったんです。
さらに普段山仕事してるわりに今までまともな登山をしたことはなく、せいぜい日帰りでいける山とかハイキング程度しかしたことがなかったのでした。
けど体力的にも若さ的にも今が一番歩ける時だろうし、足悪くなる前に登れる時に登っときたいなと前々から思っていたので、今回ようやく飯豊山に登ることができました。
大日杉登山口から標高差約1500m、どうなるかと思いましたけど、いや、人間の足ってすげーなーと思いましたよ。登れてしまうもんですね。
きついことはきつかったんですが、いい景色とか花とか鳥とかがいれば結構気は紛れるもので。

というわけで以下はその時の写真。
何回シャッター押しても足りなかったです・・・初めてアカショウビンの姿見た時と同じくらい興奮しました。
 

iide9548.jpgのこぎりのような岩場の御秘所
iide9582.jpg朝の気温は-2度。本山小屋から山頂までの道には霜柱
iide9602.jpgiide9589.jpg
山頂からの御来光。前日の雨がウソみたいに360度スカッと晴れた。
iide9613.jpg朝焼けとハイマツ
iide9587.jpg我等が小国町は雲海の下に沈んでました
iide9635.jpg雲海を目の前に歩く
iide9708.jpg
岩場が続く剣ヶ峰。今でこそ面白かったけど子供の時なら足すくんでたなあ・・・
iide9700.jpg麓はまだですが山の上は紅葉がいい感じに
iide_9651.jpg
おが屑のジオラマにスプレーしたかのような景色だけどノンフィクション

HOME | 1  2  3  4  5  6  7 
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
カンダ
性別:
女性
自己紹介:
平成23年度、山形県小国町の緑のふるさと協力隊やってました。
現在はNPO法人ここ掘れ和ん話ん探検隊で活動中。
最新コメント
[11/16 カンダ]
[10/16 ギン]
[10/14 カンダ]
[09/05 starlightmoonshadow]
[09/01 カンダ]
ブログ内検索
バーコード
カウンター

忍者ブログ [PR]